アイクリームで目尻のお手入れ

クリームを塗るイメージ

アイクリーム=年齢を重ねた人が使うもの、というイメージが根強いかもしれません。

しかし、目元はとても繊細で、ストレスを多く受けていますから、早期からのお手入れが肝心です。それに最近は若い人でも目尻の小じわが気になる、という人が増えています。

原因はアイメイクや長時間のパソコン使用によるものと思われますが、そういった意味でも、アイクリームで保湿と美容成分を与えることが大切です。

アイケアに早すぎるということはないのです。一般的にアイクリーム(または目元用美容液)というのは、化粧品の中でもお値段が高いものが多いかと思います。

それは、目元特有の繊細さや悩みに対応すべく、成分や濃度を厳選して作られているからです。まだ目尻に悩みがないという人も、未来の小じわを予防するための投資と考えて、アイクリームを使ってみるのもいいのではないでしょうか。

おすすめの塗り方としては、まず、薬指を使うこと。薬指は力が入りにくいので、無意識のうちに強く肌をこすってしまうのを防ぐことができます。クリームを適量目の周りに置いたら、皮膚を引っぱらないように優しく馴染ませていきます。

このとき、もし気になる小じわがある人は、指をチョキにしてみてください。そのチョキでしわを広げるようにしたら、そこにもクリームを塗りこみます。小じわというのは深いしわになる前の段階ですから、正しいお手入れをすれば、かなり改善が期待できます。

このページの先頭へ

プロのトレーダー