目尻のお手入れで注意したいこと

拭き取りクレンジングの写真

目尻にあらわれる様々なトラブルは、自覚のないまま進行してしまうことがあります。

小じわなどのトラブルがない目元を目指すためには、 お手入れの際の何気ない行動で皮膚にダメージを与えないことが大切です。

キーワードは「こすらない」、「引っぱらない」。 クレンジングの際、アイメイクを落とすために、ついゴシゴシとこすったりしていませんか?

皮膚をこすると、その部分のバリア機能が低下し、そこから乾燥や色素沈着といったトラブルが発生します。 ましてや繊細な目元なら尚更、こすることは厳禁です。

おすすめのクレンジング方法は、ポイントメイク用のリムーバーで優しくふき取ることです。もちろんこのときも力を入れず、こすらないようにします。また、その後のお手入れでも注意点があります。

化粧水やクリームを塗るときに、口元や頬を引き上げるようにマッサージする人も多いと思うのですが、実はこのとき、強く引っぱり過ぎて目尻にしわが寄ってしまっていることがあるのです。

これは洗顔のすすぎのときにも同じことが言えます。 綺麗になりたいという気持ちが強いだけに、思わず手に力が入ってしまうかもしれません。 しかし一度ふっと力を抜いて、優しく優しく触ってください。

このページの先頭へ

プロのトレーダー